NEWS

メガネのメンテナンスについて

店長の宮尾です。

展示会シーズンもひと段落し、店舗業務に勤しんでおります。

この時期、メンテナンスや修理のご相談が多くあったので、せっかくなのでブログにまとめてみました。

この記事は、もともとTwitterへの投稿をまとめたものです。

ハウスカタバタ公式Twitterや私のTwitterも是非ご覧ください。


https://twitter.com/HAUSKA_TAVATA


https://twitter.com/miya380hide




お客様からご依頼を受けたのは、だいぶ良い感じに年季の入ったこちらのtheoのフレーム。

コイツはメンテナンスの腕が鳴るぜ… ダメ元で、とお客様より許可頂きましたが、その言葉でより燃えます。

思い出のあるフレームならば何とかしたい!

黒とハバナ生地の貼り合わせのフレームですが、だいぶ白化が進んでいます。

汗などが付着して放置するとこのようになります。

テンプルもかなり曲がって、型崩れしていますね。



​​​

裏面もこの通り。

こちらもだいぶ白化が進んでいます。

全体的にアセテート生地そのものが乾燥している様子です。



では、乾燥してしまったアセテートフレームのメンテナンスに入りましょう。

細かいヒビもある傷んだ状態です。

私は潤い補給からスタートします。

バッファローホーンのメンテナンスに使用する、天然のホホバオイルを塗り込んで少し温めながら浸透させます。

これだけでも白化部分が早くもキレイになってきました。

放置して潤いを浸透させます。


ここで参考に、アセテートが縮んで痩せてしまったテンプルです。

ちょっとだけ金属が飛び出していますよね。

経年変化ですので、皆さんのアセテートフレームにも起こります。

使用上問題はありませんが、心配でしたらこまめにメガネ屋さんにご相談を。

メンテナンスで少しは経年変化を遅らせられる…かも?



潤い補給と同時に型直しをしています。

メガネとしての『正位置』を取り戻せるか?が大事です。

そこから再度フィッティングです。 生地が痩せているので、ちょっと怖いですが慎重に行いました。

テンプルもしっかり揃い、だいぶキレイになってきました。

一番最初の写真と比較してみてくださいね。



メガネを広げた状態でもほぼ正しい開き具合に戻りました。


そろそろフレーム磨きに入ります。

フレーム磨きの際は、紙ヤスリとスポンジ研磨材を使っています。

私は紙ヤスリはあまり使いません。

よほど汚れがひどいときは紙ヤスリの400から始めます。

スポンジ研磨材はフィット感も良く、重宝します。

小さくカットして細かい部分にもフィット!




ツヤがなくなり白化していたフレームですが、だいぶ白化がとれてキレイになってきました。

黒が黒らしく。

ツヤが出て美しさが戻ってきました。

少し白化が残っていますね。

まだまだこれからです。

この工程を繰り返して美しく仕上げていきます。



お待たせしました。 メンテナンス完了です。

メガネとしての正しい形と美しいツヤを取り戻しました。

2〜3回オイル補給、ヤスリがけ、磨きを繰り返してここまできました。

白化もほぼなくなりましたね。

こちらも一番最初の写真と見比べてみてください。

劇的な変化です。



hoetのディスプレイにお行儀良く座り、どこか誇らしげです。

横浜でtheoとhoetが巡り合うとは思わなかったでしょう。

新品かと思うようなくらいピカピカの輝きです。



テンプルもツヤツヤ!

ブリッジ裏は磨いてみたら細かいヒビがたくさん!

あまり負担をかけないように、磨きもある程度におさえました。

こちらも白化がとれてキレイになりました。





キレイになったら、レンズ交換してまた使いたいなと仰られていましたので、お渡しするのが楽しみです。

これだけキレイになれば、また使いたくなりますよね。

喜んでくださると良いのですが・・・


新しいメガネももちろん良いですが、思い出のメガネ、大好きなメガネを、長く大切に使うのも大事なことです。

メガネ屋さんは色んなことやってくれます。

メガネについて困ったこと、わからないことがあればなんでもお気軽にご相談ください。

上手にメガネ屋さんとお付き合いして、メガネ生活、得しちゃいましょう。