top of page

BRUNO CHAUSSIGNAND

ブルーノショシニョン
BRUNO CHAUSSIGNAND BRUNOCHAUSSIGNAND HAUSKATAVATA HAUSKA TAVATA メガネ 眼鏡 フランス パーソナルカラー 16タイプパーソナルカラー オシャレ ハウスカタバタ ハウスカ タバタ ブルーノ ブルーノショシニョン

デザイナー、ブルーノ・ショシニョンにより手掛けられるクリーンなラインと絶妙なディテールのフレームは、フランスのメガネの産地、ジュラ地方で製作されています。メタルフレームはジュラ地方のモレ(Morez)にて、アセテートフレームはオヨナ(Oyonnax)の地域にて生産。ブルーノ・ショシニョンはジュラ地方で眼鏡の歴史と技術を学びました。

​現在は南フランス、モンペリエにて店舗「O Mil'Yeux」を構えながら納得のいくデザインを製作しています。ブランドは2004年設立。

​​フレーム価格 : ¥50,000 〜

f_s.gif
i_s.gif

COLLECTIONS

AIMEE_GRB_02.jpg
AIMEE

サイズ 50□20

​カラー 4色

BAMBOO_BTO_02.jpeg
BANBOO

サイズ 50□21

​カラー 4色

CASINO_SBC01_02.jpg
CASINO

サイズ 53□18

​カラー 4色

ECHO_TGF_02.jpg
ECHO

サイズ 45□27

​カラー 4色

EQUINOX_SGB_02.jpg
EQUINOX

サイズ 50□21

​カラー 3色

SIENNA_NYC_02.jpg
SIENNA

サイズ 49□23

​カラー 4色

SMITH_CAMO_02.jpg
SMITH

サイズ 47□22

​カラー 5色

SPIRIT_BLT_02.jpg
SPIRIT

サイズ 50□21

​カラー 5色

TWIST_SB01_02.jpg
TWIST

サイズ 51□21

​カラー 4色

DSC_4241.jpg

Bruno Chaussignandコレクションは、眼鏡を着用する人々を引き立てるため、デザイナーの感性、デザインセンス、技術的な知識などの創造性に基づき発展しています。

<< 眼鏡がわたしを魅了するのは、顔の特徴を強調し、光を当て、その目を開かせ、最終的に自身を与えると言うことです! >>

Bruno Chaussignandは眼鏡を顔の為にデザインしています。彼は眼鏡が私たちを写し出すように、スタイルを押し付けることなく自由な表現の世界を作り出しています。それらは私たちの好みや価値観、原動力などの特徴を反映しています。それらは構造や存在感、優美さをもたらす事で、私たちの顔の特徴と私たちの人格を結びつけます。

Bruno Chaussignandの眼鏡を選ぶのは決して偶然ではありません。

時にそれは一目惚れです(すでに自分の個性の表現方法をご存知の方々の場合)。

時にそれは新しい自分自身と出会うような、前向きな驚きです。

sans titre (10 sur 13).jpg

<< わたしのインスピレーションと製作方法が非常に個人的なものである分、私の焦点は常に他の人に向けられています。フレームを掛ける方のことを考えて、楽しく暮らせる眼鏡をつくります。眼鏡を掛ける方がフレームの主導権を持ち、わたしたちのビジョンを共有してもらうのが好きです。コレクションの素材やフレームの厚み、色でもこの寛大さを表しています。 >>

クラシックを大胆に再訪し続けるタイムレスなコレクション。

Bruno Chaussignandは、線を革新し、アンバランスの中にバランスを求め、着用する事で新たな次元が生まれる独自の形状を生み出します。

DSC_4947.jpg

<< わたしは型にはまらない形と、美しさの新たな側面を映しだす素材同士や色の組み合わせが好きです。すべての人を喜ばす事はできない、それは確かですが、献身的にわたしたちの心を本当に揺れ動かすものを作成することで、わたしたちの価値観を共有する志を同じくする人々とつながることができると私は確信しています。 >>

純粋で優雅で快適なBruno Chaussignandのフレーム。その品質にも驚かされます。

その必要条件はフレームを設計する際の正確さから始まります。

眼鏡が完全にフィットする様に、鉛筆で何時間もの作業を経て作成された技術的な図面(0.5mmまでの)。

このような精度はフランス、ドイツ、イタリアの優れたノウハウで選ばれたパートナーと共に、プロダクションチェーン全体で維持されています。眼鏡をつくるのに3か月、50以上の製造工程を要します。

Bruno Chaussiginad 製造工程

 

最初は白紙から。そこにアイディア、そしてインスピレーション。ドローイング、手書きのスケッチ。常に「顔」のことを想いながら…。 

 

私たちは長年のパートナーであるフランスとイタリア、そして最近ではドイツのパートナーも加わり、共に技術的な情熱を燃やしています。デザイナーBruno Chaussignandは、フレームの製造工程の中、常に彼のチームに同行し、生産されたフレームがプロジェクトのアイディアと同調している事を確認します。

bottom of page