top of page

NEWS

パッケージ素材、廃棄物を減らし、より優れたデザインへ(EYESTYLIST)


2023年に入り、よりサステナブルな眼鏡まわりのアクセサリーや、パッケージングの制作に対する注目が以前よりも顕著になっている。代替材料には、リサイクルコルクやヴィーガンレザー、木材、そして様々な種類のリサイクルレザーなどが含まれる。Eyestylistは、各ブランドが提案する熟考されたデザイン主導の代替案をいくつか取材した

眼鏡のインディペンデントブランドがデザインをするアクセサリーやパッケージにおいて、環境への影響が少ない材料の使用に向けた取り組みが進んでいる。ミュンヘンのメガネの国際展示会opti Munichでは、Götti Switzerlandが新しいヴィーガンアイウェアケースを発売。高品質のヴィーガンレザーはヨーロッパで調達され、スイスの同社で製造されている。Götti Switzerlandは、自社で開発、導入したスイス製のクラフトペーパーでできたパッケージも使用しており、紙製のケースや保護用スリーブとして使用でき、メモ用紙としても使える。

上:Götti Switzerland-ヴィーガンレザーケース、新作のバイオニック(Bionic)フレーム、そしてフレームを保護するためのマルチユースペーパースリーブwww.gotti.ch

Rolf Spectacles:Rolf Spectaclesのミニマルな木製ケースは、ブランドの木製フレームと調和している

Rolf Spectaclesでは、フレーム同様、木製のメガネケースもオーストリアのティロル山脈で製造されている。デザインはミニマル。ネジや金属を使用していない。

Rolf Spectacles:3Dプリントされたサブスタンス(Substance)コレクションのフレームには、リサイクルレザーケースが付いてくる

3D印刷されたサブスタンスアイウェアコレクション(Substance eyewear collection)のメガネケースは、豆から作られた、丈夫な、ナチュラルカラーのイタリア製のリサイクルレザーで出来ている。持続可能、そしてリサイクル可能な素材から作られている事を示す認証マークが印刷されている。www.rolf-spectacles.com

MOREL Franceは、1年以上前に生分解性の袋を導入し、フレームやテンプルスリーブのプラスチック包装を廃止した

MOREL Franceは、メガネを保護するための生分解性の袋を提供している。同ブランドは独自の「エンゲージメントプラン(Engagement Plan)」を通じて包装やケースに関する持続可能性に重点を置いた重要な取り組みを行っており、この綿密なプロジェクトを通じて、エネルギー消費の削減などの領域で責任ある、持続可能な、透明性の高い取り組みを実施している。同ブランドは自社の包装について、「MORELはメガネケースのデザイン数を減らし、一つに統一するとういう意識的な決定を下しました。一つに統一されたメガネケースのサイズ縮小は、ブランドの輸送量とCO2排出量に直接影響を与えています」と述べている。ケースの保護包装および付属のメガネ拭きは、両方ともリサイクル素材で作られている。MORELのエンゲージメントプランに関する詳細についてはこちらを参照www.morel-france.com

Leinz Contemporary Eyewear Berlin:ベルリンのインデペンデントブランド、Leinzのメガネケースは「Take Care」と名付けられている


Leinz Contemporary Eyewear Berlinのメガネケースとウィンドウディスプレイは、フレームとマッチするスマートなデザインで、リサイクルレザーで作られている。新しい素材は、手袋生産時に残された革を用いた、近代的で、認定を受けているアップサイクル工程によって作られ、耐久性に優れ、軽量であると同時に、レザーのクラシックな風合いを表現している。詳細についてはこちらを参照www.leinzeyewear.com

Sea2seeは長年にわたってサステナビリティの分野に積極的に取り組んできた。同ブランドはリサイクルコルクのケースを採用し、リサイクルされたペットボトル(PET)から作られたリサイクルポリエステルでその裏地を施し、プラスチックフリーの構造で、自然な材料のみを使用している

Sea2seeは、持続可能なパッケージングに取り組んでおり、ケースはリサイクルコルクで、メガネ拭きやポーチはリサイクルされたペットボトル(PET)で作られている。メガネケースの外箱は、100%堆肥化可能なサトウキビから抽出されたリサイクル素材で作られている。すべての印刷に植物性インクが使用されている。Sea2seeは、メガネケースのカーボンフットプリントを測定し、このエネルギー使用量をオフセットして「カーボンネガティブ(炭素負荷を下げたステータス)を達成している。Sea2seeは、米国の非営利団体B Labによる国際認証制度、B Corp認定を取得している、数少ないメガネブランドの一つ。www.sea2see.org

EOE Eyewear:ミニマルで自然素材から作られたメガネケース

EOE Eyewearは、スウェーデンのラップランドに拠点を置くメガネブランドで、持続可能な素材開発に取り組むRegrindと同じ会社に属している。同ブランドは、完全に追跡可能なスウェーデンまたはヨーロッパの紙を使用して、メガネケースを製造しています。メガネケースは、ミニマルなデザインが特徴。EOE Eyewearのすべての印刷物と素材は環境にやさしく生産され、追跡可能だ。詳細はこちらを参照www.eoe-eyewear.com

KALEOS:新たにリサイクルコルク製の折りたたみ式(スペース節約)ケースを発売

Eyestylistがopti Munichで気づいた所によると、2023年の間に、他のブランドも追随し、メガネのパッケージに対して、サステナブルマインドにスイッチを切り替える予定との事。スペインのメガネブランドであるKALEOSは、2023年1月、リサイクルコルクの折りたたみ式のメガネケースのシリーズを発表。女性向けのエレガントでミニマルな長方形、男性向けの三角形、そしてペンケースとしても使用可能なこども向けの円筒形の3つの形状を提供している。www.kaleoscollection.com


この記事は、UKのオンラインブログ、Eyestylistによりwww.eyestylist.comに掲載されたものです。

INOCO LAB JAPAN株式会社がEyestylistの許可の元、翻訳、掲載をしています。


英文記事


Comments


bottom of page