top of page

NEWS

Responsible Designサステナブルな鼈甲模様のデザインに注目


最先端の持続可能性のある素材のスマートな仕上げには今もおどろかされる。イギリスのオンラインマガジン、EYESTYLISTが注目するサステナブルな鼈甲模様のフレームをご紹介!


眼鏡業界で鼈甲模様のフレームは、バージンアセテート(リサイクル素材ではない原材料)の素材に限られたものではなくなっている。先駆的な眼鏡ブランドやメーカーは、優れたサステナブル素材を採用し、独自の品質、そして美しい深みと透明感のあるカラーリングを金揃えた鼈甲模様のフレームデザインを行なっている。


Mykita(マイキータ)ではコレクション全体のアセテート素材を持続可能なEastman Acetate Renew(以下、Eastmanという)に切り替えた。Eastmanの素材は耐久性があり長期の使用が期待できる。仕上がりも美しく、カラーバリエーションも豊富。同ブランドのモデルDavuのカラーZanzibarは、そんな素材を使用した最先端のデザインが表現されている。


上:MykitaのモデルDevuが魅力的なカラーZanzibarで登場 - www.mykita.com

Handmade in Italy:Sea2seeのモデルMalta–海洋廃棄物から作られた光沢仕上げの「’sea’stainable(シー(海)ステナブル)」なフォックス型フレーム


モデルMaltaは、Sea2seeの最新作。海洋プラスチックを回収、リサイクルし、UPSEA™ PLASTと呼ばれる素材に変換する。豊富なカラーバリエーションと多様な仕上げが、高品質なフレームの製造に適している。海洋にインスパイアされたカラーも含まれる同社の最新コレクションは、この素材が順応性の高いものであると同時に、軽さや耐久性、そして快適さなどの実用的な品質を備えていることを表している。Sea2seeはB Corp認証(米国の非営利団体B Labによる国際認証制度)を受けている数少ない眼鏡関連会社のひとつであり、社会的及び環境的な活動、透明性、説明責任の特定の基準を満たしていることを意味する。同社はまた、ガーナで独自の非営利財団と廃棄物収集事業の運営を行なっている。www.sea2see.org / www.sea2seefoundation.org

ParadigmのモデルDebbie、カラーLiquid Marble


Paradigmの最新コレクションは、今ヨーロッパで流行中のスクエア型のモデル、Debbie。豊富なカラーセレクションが楽しめる。フレームはISCC認定のリサイクルアセテート素材で作られており、魅力的で現代的なカラーセレクションと模様で発表されている。


持続可能性の使命に更に対応するため、ParadigmコレクションのプロデューサーであるKenmark Eyewearは、モデルSid、Debbie、そしてSeymourのカラーGinkgoの売り上げの20%を「Cool Earth」に寄付し、気候危機との戦いを援助する。www.kenmarkeyewear.com /

https://www.coolearth.org/climate-change/charit


この記事は、UKオンラインブログEyestylistによりwww.eyestylist.comに掲載されたものです。

INOCO LAB JAPAN株式会社がEyestylistの許可の元、翻訳、掲載をしています。


英文記事

https://www.eyestylist.com/2022/11/responsible-design-tortoise-variations-shine/


bottom of page