top of page

NEWS

カリン・シュテール/TRUE EYEWEAR(EYESTYLIST)


カリン・シュテールはアイウェアコンサルタント。わたしたちアイスタイリスト同様、メガネのデザイナーズブランドに情熱と熱意をもっています。

かつてはメガネ店のオーナーであり、小売業に関する専門的で豊富な知識をもっています。

自分が以前そうだったように、デザイナーズブランドのコレクションにオプティシャンたちが魅了されるよう、インスピレーションを与えることをとても嬉しく感じています。

彼女の次の独自のプロジェクトは、メガネの展示会のガイドツアーです…。

なぜデザイナーズアイウェアに情熱が芽生えたのですか?

わたしはメガネのビジネスを始める前は、コンテナのリース会社で働いていました。

国際的な雰囲気が素晴らしかったのですが、コンテナは大体へこみがあったり、錆びていたり、または汚れていました。美的なセンスとスタイルを求めたいと思っていたわたしには、この仕事を永遠に続けるということはできませんでした。

夫がメガネ関係の仕事を始めようと考えたとき、わたしは「これが自分にとって正しい場所だ」と思いました。

当時はその職業についてまったく知識がありませんでしたが、美しいメガネは初めからわたしを魅了しました。

1989年、わたしたちは新しい店舗のためにいくつかのデザイナーズブランドのフレームを購入しました。

あなたが所有していたメガネ店について教えてください。なぜ売却をしたのですか?

2005年にわたしたちは2つ目の店舗、Bellevue(ハンブルグ、ドイツ)を設立しました。

デザイナーズアイウェアに特化したメガネ店を開きたかったからです。

これは長年のわたしの夢でした。

店舗には専門的な技術をもつチームもいました。わたしは自分の情熱や創造性、お客さまへのアドバイス、マーケティング、仕入れなど、すべての強みを存分に発揮することができました。


もちろん、オープン当初から店舗管理や取り締まり、組織化などもわたしの仕事の一部でした。しかしその後、年々、これらの業務に費やす時間とエネルギーがどんどんと増えていきました。そのうち、起業家として、自由を以前と比べて感じられなくなっていることに気がつきました。最終的には、コロナが理由ではありませんが、自分の人生計画を見直すきっかけとなりました。

わたしは、デザイナーズブランドの分野での経験、コネクション、ネットワーク全体を活かし、そして基盤として、新しいコンサルティングの仕事を行い、再スタートをしたいと考えたのです。わたしは仕事をふたたび本当に楽しみたいのです。


(上)Gottiのフレームを掛けるカリン・シュテール(www.gotti.ch

Bellevue - デザイナーブランド専門店。シュテールが2005年にハンブルクでこのメガネ店を設立。

現在はなにに取り組んでいますか?

メガネの個人店様に特別で個性的なデザイナーズブランドのコレクションを作成するようにインスパイアし、おすすめをしています。

現代のメガネ店は、特色を持ち、そしてそれを伝えていくことだと思います。メガネに対する個人的な好みがある場合、デザイナーズブランドはそれに向いていると思います。

特定のブランドに親近感を持っていますか?それらのブランドはどのように特別でしょうか?

もちろん、長年にわたりいくつかのブランドとその背景にいる方々をよく知り、よく理解をしてきました。

わたしはいくつかのブランドと信頼のおける、友好的な関係を築いています。デザイナーやその会社のクリエイティブなリーダーであるかどうかにかかわらず、彼/彼女らはみんな、自分のすることに情熱を持っており、自分たちのビジョンの実現に非常に一貫して取り組んでいます。

ほかの多くのブランドもそれなりに知っていますが、常に同じようなおおらかな印象をうけます。

クリエイティブで多大な努力をする人々です。広い視野を持ち、オープンマインドでコミュニケーション能力が高いと思います。

あたらしい仕事を通じてさらに多くの興味ぶかい方々と出会えることを非常に楽しみに思っています。

どのようにしてクリエイティブで職人技のあるデザイナーズブランドへの情熱を持つように、人々をインスパイアしていますか?

わたしは、デザイナーズブランドを取り扱いたいと思っているメガネ店はまだたくさんあると考えていますが、安全だと思われる、よく知られたファッションブランドを手放す勇気がないということもあると思います。

また、グローバルなメガネ産業に依存をせず、近隣のほかの店舗とは異なる、より魅力的な商品を持ちたいと願っているお店もあります。わたしはその様なお店にデザイナーブランドの多用途性、スタイルの幅、信頼性をお見せしています。これにより、各店舗に合った、個別のコレクションを選ぶことが可能になります。その店舗の場所や顧客に完璧に合ったものです。


とくにブランドの背景にいる人々を知り、彼/彼女らの歴史、デザイン哲学、将来の展望を個人的に知ることはとても刺激になります。

これがわたしが今後、国際メガネ展のツアーを提供する理由です。

ツアーは事前に各店舗の要件に完璧に合わせます。これにより、はじめての方もすばやく、深く、デザイナーズブランドの世界を堪能することができます。

ブランドの創業者やオーナー、またはデザイナーとの展示会での会話、さらには本部や製造施設の訪問は、店舗でお客さまにこのわくわくするような製造背景を共有したくなるようなインスピレーションにつながります。

個人的にどのようなフレームを掛けていますか?これまでのメガネの旅でさまざまなスタイルのフレームを試しましたか?現在は以前よりも大胆なフレームを着用していますか? わたしはメガネの大きなコレクションを持ち、それらをすべて着用するタイプの人間です。

合計で、適切に調整されたもので約30本のメガネと20本のサングラスを持っています。自分の店で取り扱ったブランドは少なくとも1本ずつ持っています。これらは約20年間で集まったもので、初期の一部の私の宝物は残念ながら失われてしまいました。

黒、グレー、シルバーなどの基本的な色合いにくわえて、わたしはすこし珍しい形、素材、そして色合いのフレームを好んで着用しています。

毎日の服装や気分に合わせてフレームを選びます。すこし大胆なスタイルが好きですが、わたしの比較的小さく、細い顔にあまり過激なルックスのフレームは似合わないです。適切な天候のときはいつでもサングラスを持ち、ほとんど常にLa Loopのメガネコードを着用しています。


2023年において、あなたが考えるメガネのトレンドのおすすめはなんですか?

数ヶ月かかりましたが、今では復活してきたフラットで角ばった形、とくにサングラス、が大好きです。まだ15年前のすてきな赤と白の色合いのFace a Faceのサングラスを持っています。今、re-glazed(レンズ交換)をしてもらっています!


Karin Stehr(カリン・シュテール)のTrue Eyewearでの活動について詳しくはこちらのHPをご覧ください。https://true-eyewear.de(ドイツ語)


この記事は、UKのオンラインブログ、Eyestylistによりwww.eyestylist.comに掲載されました。

INOCO LAB JAPAN株式会社がEyestylistの許可の元、翻訳、掲載をしています。

インタビューはジャーナリストClodagh Nortonによるものです。


コメント


bottom of page