top of page

NEWS

男性に向けたハンドメイドフレーム:RES/REI モデルDuke(EYESTYLIST)


モデルDukeは、Mazzucchelli 1849のアーカイブからの美しいブラウントータスアセテートを含む、全6つ色のカラーバリエーションで提供されている。ほかのカラーバリエーション(上下の写真には未掲載)は、ブラウンハバナとスレートブルーとウルトラマリンブルー、ブラック/グリーン、そしてオリーブグリーンである。

イタリアのアイウェアブランド、RES/REI(レスレイ)による今シーズン発表されたジェントルマンコレクション。その中でもモデルDukeは、イタリアのアーティザンによる職人技が光るスタイルをデザインするというブランドの華麗で現代的なアプローチを男性的なモデルとして具現化しているーRES/REIは常に唯一無二の洗練されたデザインと手づくりの精巧さを追求している。


特徴としてはバイレイヤー(二層の)アセテート、そして水牛の角の模様のようなアセテートと鮮やかな青や緑のアセテートとのブレンドを、複雑かつ立体的なディテールで合わせていること。モデルDukeは、現代の男性が掛けやすいよう考え抜かれたジェントルマンコレクションのモデルだ。その品のあるシェイプ、熟練した職人技、そして豊かなディテールを持つこのフレームラインはすべて5枚蝶番とテンプル内部に装飾された芯がねを備えている。


上:モデルDukeは、Mazzucchelli 1849のアーカイブからの美しいブラウントータスアセテートを含む、全6色のカラーバリエーションで発表されている。ほかのバリエーション(この記事内の写真には載っていない)は、ブラウンハバナとスレートブルー、ウルトラマリンブルー、ブラック/グリーン、そしてオリーブグリーン。

RES/REIのモデルDuke:ブラウンホーンアセテートとウルトラマリンブルー

上:RES/REIのモデルDuke、ブラウンホーンアセテートとウルトラマリンブルー。


このコレクションの装飾は、ROARING 20s(狂躁の20年代)の禁酒法時代にアメリカで生まれたスピークイージー(潜り酒場)の伝統にインスパイアされている。フレームテンプル内側のフォントデザインはこのテーマを表している。

RES/REIのモデルDuke:グレーブルーホーンとグリーン

上:RES/REIのモデルDuke、グレーブルーホーンとグリーン。


RES/REIのジェントルマンコレクションは現在、2つの方向性に分けられた全12モデルを展開。1つはフロントとテンプルが厚めのフレームデザイン、もう1つの方向性は細めのシルエットが特徴となっている。両方のスタイルには多くのマスキュリンなディテールが取り入れられている。詳細はwww.resrei.comを参照。


この記事は、UKのオンラインブログ、EYESTYLISTによりwww.eyestylist.comに掲載されました。

INOCO LAB JAPAN株式会社がEYESTYLISTの許可の元、翻訳、掲載をしています。

EYESTYLISTロゴ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page